自民クラブとは
私たちは議員報酬の削減を議会改革方針の一つとして掲げております。

議員報酬の問題について

議員報酬15%の削減を要望

本市東部の甚大な被災状況を受け、私たち自民クラブは、公明党議員会(金沢力代表)、宇都宮フォーラム(半貫光芳代表)、みんなの党宇都宮市議会(斉藤幸子会長)の三会派とともに、 災害復旧財源のために議員報酬の削減を金子和義議長(自由民主党議員会)に要望しました。
削減総額7949万円。7月から1年間、15%の報酬削減をお願いしました。

6%の削減に留まる結果に

しかし、本議会において自由民主党議員会などによる削減総額2176万円。9ヶ月間6%の削減案が、議長の決めた無記名投票による採決で可23対否23の同数となり、 最後はやはり議長の判断で「9ヶ月間、削減6%案」(自由民主党議員会などの議員提案)が可決されました。
結果、私たちの削減要望額よりも5773万円も少ない削減にとどまることとなりました。率先して行動すべき議会が、これで本当に良いのでしょうか。
市民のみなさまに対しても、一丸となった議会の本気度が見せられず、とても残念です。
県内では真岡市議会が7月から9ヶ月間の議員報酬20%減額(総額2806万円)する方針を決めています。