自民クラブとは

活動報告

平成26年9月定例会一般質問

2014年9月 6日更新
平成26年9月定例会一般質問 (9月4日)

<塚田 典功 議員>

tsukada_1409.jpg


1.難病患者への支援体制について

【質問1】 対象となる難病患者数がどのくらいまで増加すると見込んでいるのか。

   現在56疾患、3,062人が法施行後、110疾患、4,700人に増加
     27年夏には約300疾患、約6,000人と見込んでいる

【質問2】 医療費助成の申請受付をはじめ、きめ細かな体制整備への対応は。
   
    (ⅰ) 医療費助成の申請受付の体制について
     全ての患者が円滑に申請を行えるよう、告知や職員に対する研修の実施など適切かつ迅速に対応できる体制を整えていく。

    (ⅱ) 難病患者の療養生活の支援体制について
     これまでの保健士による個別支援に加え、訪問看護士や介護支援専門員など、保健と福祉などが連携した支援体制を整備
     医療・介護・福士・就労など様々な主体が地域全体で難病患者を支えるための体制についても検討していく


2.市長の政治姿勢について(土砂災害、中期財政計画ほか)
3.経済政策について(ラグビーワールドカップキャンプ地、ふるさと納税ほか)
4.保健福祉行政について
5.障がい者関連について(職場定着支援ほか)
6.教育行政について(教科書採択ほか)




平成26年9月定例会一般質問 (9月5日)

<今井 政範 議員>

imai_1409.jpg


1.子ども・子育て支援新制度について

【質問1】 市の単独事業で、市長が守っていきたい項目と、これから伸ばしていきたい項目は。

  健やかな子どもの育ちに必要な環境づくりのための人材育成・確保を図り、保育の質の向上により効果的な市単独事業を検討していく

【質問2】 障がい児を含め、全ての子どもがしっかりとどこかの施設に入ることができる体制を整えることは、市の責務では。

  新制度では療育支援加算や障害児保健加算が設けられるなど、障がいのある児童の受け入れ体制がこれまで以上に整えられる
  しかし、見守りや安全確保、医療的ケアが必要な児童が保育を必要とする場合、保健スペースや看護士が必要になるなど過大があるため、保護者の希望や児童の状況を踏まえ、施設と連携し、適切な受け入れ体制を整えるなど、各施設における受け入れ促進に向けた取り組みを強化していく。


2.子ども・子育て支援新制度について(高層階での保育ほか)
3.住民参加の公園の整備について
4.太陽光発電について
5.みやハローワークについて
6.AEDの利用促進について
7.再開発事業により整備されたマンションの定住促進を図るための購入要件について
8.小中学生のスマートフォン等の使用制限について